小原正子の旦那の仕事は?馴れ初めは?ママスタ炎上理由が酷い?

小原正子さんと言えば、お笑いコンビ「クワバタオハラ」のツッコミ担当なのですが、最近は、コンビでの仕事よりピンでの仕事が多く、ママタレとしても活躍されていますよね。ネット内ではブログが度々話題になり、炎上したりしています。

今回は、ブログの炎上内容と旦那さんとの馴れ初めなどをまとめました。

小原正子の旦那との馴れ初め

初めて二人が出会ったのは、小原さんが経営していた飲み屋さんでした。お客さんとして来たのがマック鈴木さん。

その後は、小原さんが飲み屋のママとして「営業」でマック鈴木さんを誘っていました。二人で飲み歩いたりしているうちに小原さんの方がマックさんのファンになり小原さん曰く「ただの追っかけになっていた」そうです。

マックさんがどこにいるか把握してマックさんが行きそうな店を尋ねまくり捕まえて週3日ぐらい二人で飲み歩いていたそうです。

こんな関係を1年以上続けていた時、女性としては関係をはっきりさせたい時があるんですよね。小原さんの方から「周りに彼氏ですって言っていいか?」と聞いたそうです。

30代後半の男女が1年以上週3日会っていたのに今更なんで?とマックさんはムスッとした顔をしながら「好きにしろ!」と言ったそうです。

なんやかんやでマックさんも小原さんの事が好きだったんですね。二人は結婚を意識していたようです。

結婚の決めては小原さんの禁煙。小原さんの第一印象は相当悪かった。酔っぱらっているわ、片手にタバコは持っているわで。しかも、ネットで調べたら金髪でケンカがどうやこうやという記事がゴロゴロ転がっていて「怖い人だ」と思っていたそうです。

実際は、小原さんの方が真面目でマックさんの方がやんちゃだったんですけどね。そんな印象から結婚までの時間はそうかかりませんでした。

スポンサードリンク
スポンサードリンク




結婚・プロポーズ

プロポーズはマックさんからでした。二人でアメリカ旅行に行った時、先に小原さんが日本に帰る事になり空港まで送ってもらって別れ際に「帰ったらどうする?区役所か?」とマックさん。これはマックさんなりのプロポーズだったと思うと小原さんは振り返ります。

しかし、小原さんはもっとロマンチックなプロポーズを期待していたのに!何なの今のは!?とガッカリしていたら、マックさんが「じゃあ、辞めようか」と意地悪な言い方をした瞬間、小原さんは大激怒。

女性なら一度は夢見るプロポーズが「区役所」は嫌ですよね。でも、私だったら嬉しくて頭真っ白になると思います。

なんだかんだと二人はケンカをしながらも2014年5月31日に区役所に行き婚姻届けを提出!無事に入籍をしました。その後、夫婦には2人の子宝に恵まれました。2015年3月19日男児を出産。2016年11月30日女児を出産。

旦那の仕事

マック鈴木さんは元プロ野球選手、元監督であった事からジム経営をしながらテレビでの野球解説者として活躍されています。年収は、噂によると1000万円以上稼いでいるのではないかと言われています。

ママスタ炎上理由が酷い

今やママタレ戦国時代なんで言われていますが、とにかくママタレは何を書いてもアンチが出没します。そのうち、こういうアンチたちは検挙されるのではないかと言われいますよね。顔が見えないからって言葉で人を傷つけるのは大人として残念ですよね。

小原さんのブログやママスタでの炎上理由がまた酷いんですよ。外出先で急に知らない人から大事な自分の子供を触られたら怖いですよね。こんな事があったとブログで心境を書けばこんなアンチが出没しました。

「子供の顔だしを控えるべき」「性格悪すぎる」

また、子供のトイレトレーニングについて本音をブログで書いた際も

「子供が可哀想」「自分勝手」などと批判の声が殺到。

小原さんのお子さんは、幼稚園ではパンツで過ごしているけど、面倒だし、トイレの失敗があるから家ではオムツを穿かせていたそうです。この気持ち、母親としてすっごくわかるんですよね。

子供がトイレを失敗したら絨毯が汚れる、洗濯物が増える。外出先だったらトイレを探している間にお漏らしをするなど、トイレトレーニング中は本当に大変なんですよね。

子育ては育児書通りにはいかないし、子供の成長に合わせたトイレトレーニングをしたらいいのですが、周りの情報に焦りを感じて無理にトイレトレーニングをして育児が辛くなる母親もいるので小原さんのように「面倒だから、まだオムツを穿かせていたい」という本音に心救われる母親も沢山います。

真面目に育児をしているお母さんにとってのガス抜きにもなっていると思うんですよね。育児書通りにはいかないし、手抜きできるところは手抜きをして育児を楽しんでいる小原さんは、素敵なお母さんだと思います。

何故、ここまでアンチが増えたのか?独身の時は「やさぐれキャラ」として人気者だった彼女が母親になってから急に「素敵なママ感」を出した事からではないかと言われています。

しかし、妊娠をした時から女性は、理想の母親像を自分で思い描くのではないでしょうか?実際に子供の世話をしながら自分で思い描いた通りには行かなくなり手探りで母親になっていくものだと思います。

そんな時に小原さんのように思った事をそのまま書いている事が注目される要因ではいなかと思います。

特に人から注目される職業柄、少なくとも最初の方はそういう理想の母親を演出していたのではないでしょうか?でも、本音をねじ込んでくるところが魅力でもあります。

これからも炎上はあるでしょうが、これからも頑張って育児に仕事に体を壊さない程度に頑張ってほしいですね。これからも小原さんに注目です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です