宮沢りえと森田剛が結婚を発表!馴れ初めは?結婚歴と離婚原因

宮沢りえさんは今も変わらぬ美貌を保っておられますね。今回は、宮沢りえさんの再婚・結婚歴・離婚原因をまとめました。

宮沢りえと森田剛が結婚!

二人が結婚を発表したのが、2018年3月18日。二人の交際期間は意外と短い1年半。結婚はタイミングとも言いますから、タイミングが良かったのでしょうね。どのタイミングで結婚を決めたのか?2人の馴れ初めは?

スポンサードリンク
スポンサードリンク




二人の馴れ初め

二人が出会ったのは2016年8月に行われた舞台「ビニールの城」での共演がきっかけだったようです。俗にいう職場恋愛ですね。

大人になるとなかなか異性との出会いってないですよね。その後、交際に発展した二人は、箱根や沖縄旅行など二人の時間を楽しんでいました。

2016年10月には週刊誌で「お泊りデート」が報じられました。

因みにこの時は、代官山の書店にいるところを目撃され、その後、宮沢りえさんの自宅に二人で入り、翌日の午前11時に森田剛くんが出てくるところが確認されました。

その後も二人を目撃した情報が報じられていましたが、2018年1月のゴルフデートでキスをする二人をキャッチ!しかも、宮沢りえさんの左指にはキラリと光る指輪が!!

これは!結婚目前だな!と勘ぐっていたら3月に結婚発表!

宮沢りえさんには、娘さんがいらっしゃいますが、そのお子さんが森田剛くんの事を「パパ」と呼んだことから結婚を決意したそうです。

因みに、二人の年の差は6歳です。宮沢りえさんの方が年上です。(知ってるわ!と聞こえる・・・)

宮沢りえの結婚歴と離婚原因

宮沢りえさんが、初めて結婚したのは2009年4月。

元旦那さんは、当時40歳代のハワイ在住、日本人実業家で元プロサーファー。

しかし、二人は2016年3月18日に離婚発表。ん?!森田剛くんとの結婚発表は3月18日!!?w

2012年5月8日に離婚協議の発表をしたものの泥沼化し正式に離婚するのに4年の歳月を要しました。お互いに弁護士を立て離婚調停まで持ち込んだそうですが、なぜ離婚するのにここまで時間がかかったのか?

それは、娘さんの親権争いだったそうです。

離婚協議が長期化していたが、長女が4月から小学生になることから、子どもへの影響などを考えたうえで夫婦のケジメをつける決断に至ったようだ。

二人の結婚生活は約3年間でしたが、ハワイで暮らす事に限界を感じたようです。日本とハワイの行き来をしながらの仕事と育児。そら、協力者がいないと無理でしょうね。あとは、元旦那との考え方のズレ。元旦那は家族でのんびりと考えていたようです。

かなり長期戦でしたが、娘さんが小学校に上がる前に決着を付けましたね。父親もなかなかしつこかったなという印象でもあります。これから、新しい家族で末永く幸せであってほしいですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です